スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私はガンコチャンNO.6

小百合の検査の結果がわかる日がきました


その間小百合は憂鬱でした

心が不安定でした

ゆいつ喜ばしいことはダメンズ男子の富士夫が成績が上がってきていることです


キセキ キセキ です

いつもびりっけつが中間くらいに成績があがってきたのです


学校の先生もびっくりしました
小百合はキツネにつままれたようになるのでした


きもい田中先生がなんだか神々しいちょっと大袈裟かもしれないけど…

さとるさんも小百合さんもそう感じてしまうんじゃないかな!?

ガンコはそう思ってしまう!!

さとるさんは田中先生をすごく気に入ってたまには夕飯でも一緒にといいだすのです


ここの家にも福がやってきたのかな!?

ガンコはそう思った



病院で小百合の診察番号がよばれました

ドキン ドキン ドキン


おそるおそる先生にきくのでした

「先生どうでしたか?」

先生が映像をみながらいうのでした


「この映像をみるかぎり異常はないわね!!」


「ほんとですか?」

「どこも悪くありませんよ」
ヤッタ-小百合はその場で叫びたい気分になりました

なにもかもが順調で少し怖いきがしました

「また不正出血があったらきてね!!」

そんなことあるわけがない!! 異常がないんだもの!!

でもそれはおもてむきだけ

ここの病院は婦人科癌の名医ではなかったのです

小百合は自分の子宮の中に悪魔達がいるとは夢にもおもいませんでした


悪魔の住人ガンコ姉さん
トシ坊 サクラチャン達はお祝いのパ-ティ-をひらいていました

ガンコ姉ちゃんはぐでんぐでんに酔っぱらって

「やっぱり見つからなかったわ!!私達の勝ちよ!!

三人は子宮の中をかけまわるのでした


三人はある日鏡に映った自分達にびっくりするねでした

角が生え唇の両脇に牙が生えていました

なにぃーこの変身?

トシ坊がいいました

「だって俺達悪じゃん!!
いずれ小百合さんの命うばっていくんだから!!」

ガンコ姉さんも言った

「それもそうね

私達天使ちゃんじゃない!!悪魔だもんね!!」なんか体がだんだんゾンビ化していくんじゃない?

まぁー私達の最終目的は小百合さんの命をうばっていくんだから…

私達と小百合さんの勝負よ!!

どちらが勝つか負けるか
勝負よ!!」

「私達体のいろんなところにいきたいよぉー」

サクラチャンがいいました


「大丈夫ガンコのいうとおりにするのよそのうち身体中とびまわれるわよ!!」

「あと何年?」


「そうね小百合さん40才半ばだからそう遅くないと思うわ!?」


ガンコは角と牙の生えた顔に毒々しい赤色の口紅を塗るのでした

まるでガンコは吸血鬼!!


そして小百合とガンコの命懸けの戦いがはじまっていくのです


今回の花言葉

クロユリ(呪い)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。