スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私はガンコチャンNO.9

小百合の子宮内膜そうはの手術の当日がやってきました

手術中トシ坊も子宮の内膜の奥に入り込んだんですが足首を削りとられてしまいました、



ガンコはしかめっつらをしていいました


「あんたはあいかわらず成長していないわね!!足首を削られてさぞかし痛いでしょ私達の体の一部をはぎとられたら見つかってしまうのよ!!

もうこれまでかもしれないのよ!!しくじったわねトシ坊」


「ガンコ姉ちゃん許してあげて!!」

サクラチャンが泣きながらいいました


「ガンコ姉ちゃんごめん僕これからはきおつけるよ!!
ボサッとしているのなおすよだからごめんなさい」


「すんだことは仕方ないわ足首を子宮の肉をくっつてぬってあげるわ」

「サクラチャンめそめそしないの!!この医者じゃあ足首けずられたぐらいでみつけられないと思うから…

あきらめちゃだめよ!!」

カンコ姉さんは服装はきゃりーぱみゅぱみゅみたいだけどどうみても妖怪です



小百合は麻酔からめざめた病棟は新生児室が近いせいか赤ちゃんの泣き声が時々聞こえる


「さとるさん富士夫生まれたとき思い出すわね!!」

「ああ!!そんなこともあったなぁー今度なんでもなきゃいいけど?

なんかおれしんぱいなんだ!!

あのペット検査なんだったんだよ!!たよりにならない検査だ!!」

さとるはプリプリして小百合にいった


「でも今度ははっきりすると思うわ

最悪なことでもたとえば癌だとしても初期だと思うのよ」


「癌!?」


小百合からそんな言葉を聞いてさとるは一瞬青白くなった


「さとるさん今では初期だったら死ぬなんてことはないのよ 今の時代に生まれて良かったわ!!」


「おれコ-ヒ-飲んでくるよ」


「どうぞ」


さとるは小百合の口から癌という言葉がでたことがそうとうショックだったようだまだ小百合は45才だ進行は早いだろう!!小百合がもし死ぬなんてことになったらおれはどう生きていけばいいんだ!!

おれは納得いかない!!

初期だったら助かる?

ああ考えたくない

富士夫になんていえばいいんだろう

富士夫とおれの生活なんてかんがえられない!!



ガンコはトシ坊の足首に子宮の肉をくっつけて縫い合わせた


「どうトシ坊歩ける?」

「ちょっと突っかかるけど大丈夫だよ!!姉ちゃんありがとう!!」



「手術が終わったから少しはねのばそう!!
この医者じゃ癌とはまずわからないと思うけど…

小百合さんは私達のことなんとなくわかっちゃったのかなぁー」


今回花言葉


カスミソウ(切なる願い)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。